歯科助手バイト情報。歯科助手バイトの仕事内容と時給、歯科助手の講座など

歯科助手のバイトって?

歯科助手は、歯科医院の受付業務診療器具の準備や滅菌消毒医院内の清掃患者の介添など、歯科医師のアシスタントを行うのが仕事。診療と経理以外の実務すべてが担当といっても過言ではありません。それだけ歯科助手とは歯科医院にとって必要不可欠な存在といえます。


また歯科医院の数は年々増加傾向にあるため、歯科助手は求人が多く、どこに住んでいても働く場所が探せるというメリットがあります。


歯科助手になるための資格などは特にありません。そのため、多くの歯科では歯科助手の業務を正社員ではなく、アルバイトや派遣、パートの人が担当しています。歯医者さんで働きたい!という方は歯科助手としてアルバイトで働くのが一番の近道でしょう。


歯科助手といっても白衣を着て仕事しますので、見た目は歯科衛生士と同じです。白衣に憧れているなら迷わず歯科助手のバイトはお勧めです。


その他、歯科助手のバイトは「困っている人の役に立つ仕事がしたい」「長期でできるアルバイトを探している」「歯科クリニックの雰囲気が好き」という方に向いている仕事です。

歯科助手バイトの時給は?

歯科助手として働く場合、常勤か非常勤かによって給与体系が変わる場合がほとんど。常勤であればアルバイトでも月給制になり、週に1〜2回しか働かない非常勤バイトなら時給計算になります。


また、歯科助手として様々な業務のアシスタントを担当するのか、それとも受付だけの仕事かなど、仕事内容によっても給料は異なります。


それぞれの給料の目安は以下の通り。


歯科助手アルバイト(フルタイム)---月給16万円〜20万円

歯科助手アルバイト(週1〜2回)-----時給850円〜1,000円

歯科助手アルバイト(受付のみ)-----月給14万円〜20万円


もちろん病院によって給料は大きく変わりますし、そのほか勤務時間や条件(交通費支給の有無など)も異なりますが、上記の目安を参考にして勤務する病院を選んでみてください。

歯科助手になるための通信講座とは?

歯科助手になるのに資格などはありませんが、単なるバイトとしてではなく歯科助手として本格的な仕事をしたい!という方は、ぜひ歯科助手の通信講座を受講してみましょう


技能認定振興協会の「歯科・医療事務管理士技能認定試験」に対応している講座であれば、受講期限内に実施される試験の在宅受験資格を得ることができ、自宅で受験を受けることも可能です。仕事で忙しい人や、子供がいて家を空けられない人もこれなら安心ですね。


また、歯科助手の仕事をこなすには専門的な知識がどうしても必要です。忙しい中、バイトとして働きながら覚えるのは大変ですので、講座で先に知識とスキルを身につけておけば、職場では即戦力として歓迎されますし、就職を目指す際にも有利になります。


なお、歯科・医療事務管理士の技能認定試験に合格して資格を取得すると、医療事務スタッフとして治療費の計算や診療報酬明細書の作成などを担当させてもらえるようになります。そうなると歯科助手のバイトではなく、歯科医院の正社員として働くことも夢ではありません